別の保険制度

ガッツポーズの男性

うつ病の人は生活習慣病など他の病気にかかるリスクがそうでない人と比べて高いので、医療保険や死亡保険に入るのが難しいです。引受基準緩和型の保険なら可能性は増しますが、通常の保険よりも保険料が割高になってしまいます。告知書が不要の無選択型保険というものもありますが、保険料がさらに高いうえに支払い条件も厳しいです。 うつ病でもせめて他の病気は保障してほしいという人のために、指定疾病不担保制度があります。この制度を利用するとうつ病による費用はでませんが、他の病気が原因の費用は出ることになります。 保険会社によってはうつ病でも入れる保険を用意している場合もありますので、保険一括比較サイトなどを利用して複数の会社を比較してみることも重要です。

うつ病に対しての保険は、一般の生命保険や医療保険では対応が難しい点があります。うつ病の多くは入院ではなく、外来での治療となっていくため、通常の通院の程度であれば、保険金を請求できるような疾患とはいえないケースがほとんどです。 ただ、うつ病については民間の医療保険ではなく、公的な制度があります。公的な医療保険加入者であれば、入院期間が伸び、月の負担額が高額になる場合は高額療養費制度により、月額の費用負担に上限が設定されます。 また、うつ病が長期化してしまった場合には精神保健福祉手帳を取得する方法があります。手帳を取得することで、障害者としての認定を受けることで様々な福祉の助成を受けることが可能となります。制度をうまく活用して、まずは治療を優先することが大切です。