車の保険

相談に乗る男女

自動車を運転される方のほとんどは、自賠責保険のみならず任意保険に加入していると思います。 この任意保険は主立って、相手に対する損害を賠償する保険ですが、自分自身の自動車に対する損害も補償してくれる保険が車両保険です。 車両保険は、車に対する事故の場合のみ保証の対象となるものと、自損事故においても保証の対象となる保険があります。 また、車両保険は、そのかけている車両の価格により、保険金額が変わります。また、当然、運転者の年齢や運転技術によっても保険料が変わります。 自動車保険をかけるとき、車両保険まで加入しておけば、多少保険料が高くなりますが、万が一の事故の時、全く自己負担無く修理補修することもできるようになります。

車両保険は自動車保険についている補償で、事故などで自分の車に損害が生じたときに保険金が支払われるものです。 ただ、車両保険には免責金額が設定され、その額までは自己負担でそれ以上の修理金額しか補償されません。なので車庫などの角にぶつけてちょっとした凹みや傷などがついても修理のために車両保険を使えなかったり、使えても次回からの事故等級が上がったりして、将来に支払う保険料が高くなってしまうので、車両保険を使わずに自分で修理費を出した方がこれから上がった分の保険料を払うよりも安くなることになることにもなりかねないです。 車両保険は事故の種類によって補償を限定すると保険料が安くなることもあるので、どこまでは自己負担でどこまでは補償をつけたいかを考えて選ぶといいでしょう。